国民年金と厚生年金の公的年金について調べてみました

f:id:toshihiroh717:20190324174510p:plain 

これまで年金について考えることはほとんどありませんでしたが、日本年金機構から「ねんきん定期便」というお知らせがハガキで来たことをきっかけに、将来年金はいくら貰えるのか、現在の年金の制度はどうなっているのか自分自身で分かっていなかったことを調べてみることにしました。

年金の種類

年金には国民に加入義務のある公的年金と、任意で加入できる私的年金があります。公的年金と呼ばれるものが国民年金厚生年金、私的年金には企業年金iDeco(個人型確定拠出年金)などがあります。

今回は公的年金である国民年金と厚生年金について、将来の支給額含めて調べてみました。

国民年金について

国民年金は、定額の保険料を納めることで「老後基礎年金」を受けとることのできる制度です。20歳以上60歳未満で日本に住所がある人は全員加入義務があります。

厚生年金の加入や被扶養になることで加入する種別が変わり、保険料の納め方も下記の通り異なります。

f:id:toshihiroh717:20190323153202p:plain

私は会社員ですので、第2号被保険者として毎月の給料から保険料が天引きされています。国民年金保険料は月額16,340円になります。

平成30年度(平成30年4月~平成31年3月まで)は月額16,340円です。
国民年金の保険料は、毎年度見直しがおこなわれます。

出典:日本年金機構

年金の加入記録はねんきんネットから参照することが可能です。

学生時代の私は第1号被保険者になりますが、下記の通り"学特"(学生納付特例制度を利用)になっていました。

これは、学生の方が申請により保険料の納付が猶予される学生納付特例制度を利用して国民年金保険料を納めるのを待ってもらっている状態を指しています。

f:id:toshihiroh717:20190323175016p:plain

注意すべきは、この制度は国民年金保険料を納めるのを"待ってもらっている状態"であって免除ではありません。納めなければ老後に受け取る年金が少なくなります。

10年以内であれば保険料をさかのぼって納めること(追納)ができます。ですが10年を過ぎると納めることができませんので、年金受給額を増やしたいという気持ちがあれば追納をおすすめします。今から30年後の年金制度がどうなっているか分かりませんが。

支給額

平成30年4月分からの国民年金(老齢基礎年金)の満額支給額は、779,300円になります。月額にすると64,941円となります。

満額支給を受けるためには20歳から60歳まで国民年金の保険料を毎月滞納や遅延なく納付し続けることが条件になります。

私の場合は、現時点では学生時代の年金保険料を追納していないため、下記の通り満額支給額よりも少ない金額となっています。

f:id:toshihiroh717:20190324171504p:plain

厚生年金について

国民年金に上乗せされて給付される年金です。基礎年金となっている国民年金の金額に、厚生年金保険の受給額が加算され、合計金額をもらうことになります。

国民年金が日本に住む20歳以上、60歳未満のすべての人が加入するものに対して、厚生年金は会社員や公務員が加入することから日本の公的年金は2階建てと呼ばれ、厚生年金は2階部分と言われています。

保険料は毎月の給与と賞与に対して定率となっており、実際に納付する額は個人で異なります。料率は平成29年9月を最後に引上げが終了し、厚生年金保険料率は18.3%で固定されています。

下記は厚生年金支給額の見込みになりますが、現時点の給与に対しての見込みなので今後給与額が上がっていけば、こちらも上がっていくでしょう。f:id:toshihiroh717:20190324172836p:plain

 まとめ

現時点での支給額は年額1,666,896円、月額だと138,908円になります。